粉末回折・全散乱チーム

研究概要
粉末回折・全散乱チームチームリーダー

杉本 邦久

粉末回折・全散乱チームでは、 SPring-8の高エネルギー、高輝度、高平行性、偏光特性、パルス特性を利用した放射光X線回折・散乱実験を行い、物質の性質・機能発現の起源となる電子密度レベルから原子配列、さらに高次構造を解明する構造物性の研究を行っています。研究対象分野は、固体物理、化学、材料科学、地球・惑星科学など広範囲に及びます。本チームの研究員は、各研究分野の研究を推進するため、SPring-8の光源特性を最大限利用した先導的研究を行っています。 本チームは、粉末結晶構造解析BL(BL02B2)、高温高圧(BL04B1)、高エネルギーX線回折(BL04B2)、高エネルギー非弾性散乱(BL08W)、高圧構造物性(BL10XU)を担当し、高分解能X線回折、局所構造解析、超高圧・高温・低温等、極限環境下でのX線回折・散乱測定を主力とした構造物性研究を行っており、各ビームラインの高性能化及び維持管理・運営と利用者のサポートを行っています。

メンバー

多目的回折散乱チーム
  • 主幹研究員 杉本 邦久(チームリーダー)
  • 主幹研究員 平尾 直久
  • 主幹研究員 肥後 祐司
  • 主幹研究員 丹下 慶範
  • 主幹研究員 河口 彰吾
  • 主幹研究員 尾原 幸治
  • 研究員 河口 沙織
  • 研究員 山田 大貴
  • テニュアトラック研究員 小林 慎太郎
  • テニュアトラック研究員 Tseng Jo-chi
  • 技術職員 Bagautdinov Bagautdin
  • 博士研究員 廣井 慧
研究・開発成果

研究成果

TBA

開発成果

TBA

ページのトップへ戻る