動的構造機能チーム

研究概要
動的構造機能チームチームリーダー

関口 博史

本チームは、共同利用ビームラインのBL40XU(高フラックス)、BL40B2(構造生物学II)において、主に生体高分子や有機高分子等のいわゆるバイオソフトマテリアルを対象とする非結晶小角散乱・回折実験のサポート、装置の維持・高度化、外部機関研究者との共同による先導的研究を行っています。 技術的支援を行うだけではなく、必要に応じて実験計画の立案からデータ解析、学会発表や論文執筆に至るまで、利用者のニーズに対して協力・助言を行っています。

開発成果

マイクロビーム光学系

BL40XUの高輝度性を生かし、径2μmまでのピンホールスリットによるマイクロビームを用いた小角散乱・回折実験のためのシステムを構築しています。X線光子相関法(X-ray Photon Correlation Spectroscopy: XPCS)やX線1分子追跡法(Diffracted X-ray Tracking:DXT)などへの応用も行っています。

汎用小角広角散乱回折測定システム

BL40B2では蛋白質溶液や脂質のような非晶質生体物質についてX線散乱・回折法を用いて構造解析を行っています。様々な高度化により、高い小角分解能(最大小角分解能6000A)と広い測定領域(広角測定限界数 A)における測定を実現しており、高空間分解能で静的な散乱パターンの測定が可能です。微小角斜入射X線小角・広角散乱法による高分子薄膜等の解析も行っています。

研究成果

プレス発表 (2014年以降)

メンバー

  • 主幹研究員 関口 博史(チームリーダー)
  • 主幹研究員(技術担当) 増永 啓康
  • 研究員 太田 昇
  • 研究員 加部 泰三
  • 技師 青山 光輝
  • 特別嘱託職員 岩本 裕之
  • テニュア博士研究員 稲葉 理美
ページのトップへ戻る