為則 雄祐(Yusuke Tamenori)

プロフィール
未踏研究領域開拓グループ

副主席研究員(未踏研究領域開拓グループリーダー)

メール: tamenori@spring8.or.jp


 BL27SUを担当し、軟X線分光を利用するユーザーの支援を行っています。特に、大気圧環境を含む実環境下において、軟X線分光法を利用するその場観察法の開発を行い、軟X線分光分析法を軽元素の分析手法として広く普及させることを目指しています。他にも、結像型軟X線顕微鏡など、軟X線顕微分光法に関する高度化開発にも取り組んでいます。学術面では、二枚貝やサンゴといった、生物炭酸塩中に含まれる微量元素の化学状態マッピング測定による古環境研究など、地球化学分野を対象としたスペシエーション分析も行っています。  BL27SUでの利用支援・高度化開発活動以外にも、次期計画に関する利用検討やビームラインを横断した分野融合研究の推進など、未踏研究領域開拓グループの活動も進めています。


併任先

  • 分光物性IIグループ・光電子分光チーム(チームリーダー)
  • 分光物性IIグループ・軟X線赤外チーム
  • ナノテクノロジー利用推進グループ・ナノ先端計測支援チーム
  • ナノテクノロジー利用推進グループ・検出器利用支援チーム

外部機関所属先

  • 理化学研究所・客員研究員

キーワード

  • 軟X線吸収分光
  • 軟X線顕微分光
  • 地球化学
研究成果

研究論文

  • “Mg coordination in biogenic carbonates constrained by theoretical and experimental XANES" T. Yoshimura, Y. Tamenori, O. Takahashi, L. T. Nguyen, H. Hasegawa, N. Iwasaki, A. Kuroyanagi, A. Suzuki and H. Kawahata, Earth Plan. Sci. Lett. 421, 68-74 (2015)
  • "Self-assembled Multi-layer Palladium Nanoparticle Preparation for Ligand-free Coupling Reactions" M. Arisawa, M. Al-Amin, T. Honma, Y. Tamenori, S. Arai, N. Hoshiya, T. Sato, M. Yokoyama, A. Ishii, M. Takeguchi, T. Miyazaki, M. Takeuchi, T. Maruko, and S. Shuto, RSC Advances. 5, 676-683 (2015)
  • “Fracture-induced amorphization of polycrystalline SiO2 stishovite: a potential platform for toughening in ceramics” N. Nishiyama, F. Wakai, H. Ohfuji, Y. Tamenori, H. Murata, T. Taniguchi, M. Matsushita, M. Takahashi, E. Kulik, K. Yoshida, K. Wada, J. Bednarcik, T. Irifune, Sci. Reports, 4, 6558 (2014)
  • “Identification of the chemical form of sulfur compounds in the Japanese pink coral skeleton (Corallium elatius) using µ-XRF/XAS speciation mapping” Y. Tamenori, T. Yoshimura, N. T. Luan, H. Hasegawa, A. Suzuki, H. Kawahata, and N. Iwasaki, J. Structural Biol, 186, 214-223 (2014)
  • “Distribution of trace element in Japanese red coral Paracorallium japonicum by -XRF and sulfur speciation by XANES: Linkage between trace element distribution and growth ring formation” N. T. Luan, M. A. Rahman, T. Maki, Y. Tamenori, T. Yoshimura, A. Suzuki, N. Iwasaki, and H. Hasegawa, Geochim. Cosmochim. Acta, 127, 1-9 (2014)
  • “Magnesium K-edge XANES spectroscopy of geologic standards” T. Yoshimura, Y. Tamenori, N. Iwasaki, H. Hasegawa, A. Suzukie and H. Kawahata, J. Synchrotron Rad. 20, 734-740 (2013)
  • “Element profile and chemical environment of sulfur in a giant clam shell: insights from micro X-ray fluorescence and X-ray absorption nearedge structure” T. Yoshimura, Y. Tamenori, A. Suzuki, R. Nakashima, N. Iwasaki, H. Hasegawa and H. Kawahata, Chem. Geology. 352, 170-175 (2013)
  • "Electron yield soft X-ray photoabsorption spectroscopy under normal ambient pressure condition" Y. Tamenori, J. Synchrotron Rad. 20, 419-425 (2013)
  • “Two dimensional approach to fluorescence yield XANES measurement using silicon-drift detector” Y. Tamenori, M. Morita, and T. Nakamura, J. Synchrotron Rad. 18, 747-752 (2011): Erratum J. Synchrotron Rad. 18, 944 (2011)
  • “Development of a differential pumping system of soft X-ray beamline for the windowless experiments under the normal atmospheric pressure condition” Y. Tamenori, J. Synchrotron. Rad. 17, 243-249 (2010)

招待講演・依頼講演

  • 分子科学研究所2014年度技術課セミナー「放射光利用技術最前線」” 軟X線を利用したその場観察実験の到達点と今後の課題” (2015年3月9日岡崎)
  • 東京工業大学・資源化学科セミナー ”軽元素戦略—高輝度軟X線を用いた軽元素材料解析” (2015年2月24日横浜)
  • 第28回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム・特別企画「XAFS関連研究の現状と今後の展望」” 軟X線領域のXAFS分析の現状と今後の展開” (2015年1月10日-12日草津)
  • 第93回日本化学会年会 特別企画「化学者のための放射光ことはじめーXAFS解析 基礎理論から先端応用まで」”高輝度軟X線を用いたXAFS分析:計測の基礎と先端応用”(2013年3月20日-26日大津)
  • 日本分析化学会第61年会特別シンポジウム「宝石サンゴを解明する分析化学」 ” 宝石サンゴ骨軸中微量元素の化学形態分析を指向した軟X線μ-XAFS法の開発”(2012年9月19-21日金沢)
  • 2010年度日本地球化学会年会、“軟X線吸収分光法の最前線-実環境における高分解能・高感度・局所分析を目指して-” (2010年9月7-9日熊谷)

競争的資金獲得状況

  • “宝石サンゴの色彩を担う鍵物質の化学構造と起源の解明”平成27-28年度科学研究費補助金、挑戦的萌芽研究、分担140万円
  • “宇宙における分子進化:星間雲から原始惑星系へ“平成25-29年度科学研究費補助金、新学術領域研究・研究領域提案型、計画研究分担 6,350万円
  • “生物炭酸塩中微量元素の化学形態を指標とした、新しい古環境復元法の開発“平成25-27年度科学研究費補助金、基盤研究(B)、 代表 1,420万円
  • “ppm量元素の化学状態をプロキシとした、海洋pHの光科学的復元法の開発“平成24-25年度科学研究費補助金、挑戦的萌芽研究、 代表290万円
  • “X線照射損傷の時空間分割測定を可能にする、高分解能結像型軟X線顕微鏡の開発”平成22-24年度科学研究費補助金、若手研究(A)、 代表1,920万円
  • “軟X線分光法を大気圧環境下で利用するための、新しい検出システムの開発“平成22-23年度科学研究費補助金、挑戦的萌芽研究、 代表240万円
  • “ナノクラスターを気相反応場として利用した新しい選択的化学結合切断技術の探求" 平成18-20年度科学研究費補助金、若手研究(B) 代表350万円

ページのトップへ戻る