竹内 晃久(Akihisa Takeuchi)

プロフィール
バイオ・ソフトマテリアルグループ・微細構造計測チーム

副主幹研究員

メール: take@spring8.or.jp


Spring-8の高輝度X線を利用したマイクロ・ナノメートルオーダーの高分解能X線イメージング手法を主テーマに研究活動を行っています。SPring-8唯一の中尺(~250m)アンジュレータ―ビームラインであるBL20XUの担当としてユーザー支援を行う傍ら、このビームラインで得られる高いコヒーレンスを利用して、X線光学素子開発・評価、各種位相コントラスト法の開発、走査光学系・結像光学系あるいはそれらの混合型光学系を駆使したX線顕微鏡の研究・開発を行っています。また、開発されたイメージング技術をCTと組み合わせた高分解能X線顕微CT装置、位相コントラストX線顕微CT装置をBL47XUに立ち上げ、各分野の利用研究のための高度化や共同実験・研究サポートを行っています。最近では、4D (3D + α)イメージングへの試みとして、吸収/位相の同時測定や、ユーザーとの共同開発でその場観察CT、X線回折(XRD)を組み合わせたXRD-CTの開発・高度化も進めています。


キーワード

  • X線顕微鏡
  • X線イメージング
  • 位相コントラスト
  • CT
研究成果

研究論文

  • A. Takeuchi, Y. Suzuki, and K. Uesugi, “Development of Scanning-Imaging X-Ray Microscope for Quantitative Three-Dimensional Phase Contrast Microimaging”, J. Phys. Conf. Series 463 (2013) 012034.
  • A. Takeuchi, K. Uesugi and Y. Suzuki, “Three-dimensional phase-contrast X-ray microtomography with scanning–imaging X-ray microscope optics”, J. Synchrotron Rad. (2013). 20, 793–800.
  • A. Takeuchi, Y. Suzuki, and K. Uesugi, “Differential phase contrast x-ray microimaging with scanning-imaging x-ray microscope optics”, Rev. Sci. Instrum. 83, (2012) 083701
  • A. Takeuchi, Y. Suzuki, K. Uesugi, I. Okada, H. Iriguchi,“Performance Test and Evaluation of Multilevel Fresnel Zone Plate with Three-Step Profile Fabrication with Electron-Beam Lithography”, Jpn. J. Appl. Phys. 51 (2012) 022502.

口頭発表

  • “X-Ray Imaging and CT Measurement with X-Ray Microscopy”, 1st International Conference on Advanced Imaging (ICAI), 2015/6, Tokyo, Japan (Invited).
  • “フレネルゾーンプレートを用いたX線顕微イメージング技術の開発”、第62回応用物理学会春季講演会, 2015/3, 平塚(招待講演)
  • “走査/結像型Ⅹ線顕微鏡の像特性とその向上”, 第28回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2015), 2015/1, 草津.
  • “Imaging Properties and Its Improvements of Scanning/Imaging X-Ray Microscope” 12th International Conference on X-Ray Microscopy (XRM2014), 2014/10, Melbourne, Australia (Invited)
  • “Simultaneous measurement of phase and absorption contrast three-dimensional imaging by using scanning-imaging x-ray microscope (SIXM)”, European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Progresses (EUROMAT 2013), 2013/9, Sevilla, Spain.
  • “Simultaneous measurement of phase and absorption contrast three-dimensional imaging by using scanning-imaging x-ray microscope (SIXM)”, 12th Symposium on X-ray Imaging, 2013/11, Osaka, Japan.
  • “走査-結像型Ⅹ線顕微CTの開発”, 第26回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム(JSR2013), 2013/1, 名古屋.
  • “Development of Scanning-Imaging X-Ray Microscope for Quantitative Three-dimensional Phase Contrast Microimaging”, 11th International Conference on X-Ray Microscopy (XRM2012), 2012/8, Shanghai, China.

ページのトップへ戻る