池本 夕佳(Yuka Ikemoto)

プロフィール
分光物性IIグループ・軟X線・赤外チーム

主幹研究員(軟X線・赤外チームリーダー)

メール: ikemoto@spring8.or.jp


BL43IRの赤外放射光は、近赤外から遠赤外までを含む広帯域であること、熱輻射光源よりも2桁以上輝度が高いこと、全帯域にわたって偏光特性があることなどの特徴があります。BL43IR では高輝度特性を活かした顕微分光を主として行っており、この測定支援を行うほか、溶媒・光照射・電圧など各種環境下で顕微分光測定にも力を入れています。また、ナノメートルオーダーの空間分解能で赤外分光を行うための近接場分光装置の開発や、赤外放射光特有の振動によるスペクトルノイズを低減させるための高度化も行っています。SPRUC「放射光赤外研究会」を利用した情報発信にもつとめており、SPring-8における多様な実験技術との相補利用による赤外ビームライン利用の活性化を推進しています。


併任先

  • 未踏領域グループ 次期計画ワーキンググループ
  • 産業利用支援グループ 材料構造解析チーム

外部機関所属先

  • 大阪大学 大学院基礎工学研究科 招聘准教授

キーワード

  • 赤外放射光
  • 顕微分光
  • 近接場分光
研究成果

研究論文

  • K. Hashimoto, R. Kobayashi, H. Okamura, H. Taniguchi, Y. Ikemoto, T. Moriwaki, S. Iguchi, M. Naka, S. Ishihara and T. Sasaki, “Emergence of charge degrees of freedom under high pressure in the organic dimmer-Mott insulator b7-(BEDT-TTF)2ICl2, Phs. Rev. B 92 (2015) 085149.
  • Y. Ikemoto, H. Okamura, T. Moriwaki, H. Suto and T.Kinoshita, “Improvement of Infrared near-field spectrum by asymmetric interferometer configuratio”, Jpn. J. Appl. Phys. 54, 202404 (2015).
  • N. Fukata, W. Jevasuwan, Y. Ikemoto and T. Moriwaki, “Bonding and Electronic States of Boron in Silicon Nanowires Characterized by an Infrared Synchrotron Radiation Beam”, Nanoscale 7 (2015) 7246-7251.
  • R. Okazaki, Y. Ikemoto, T. Moriwaki, T. Shikama, K. Takahashi, H. Mori, H. Nakaya, T. Sasaki, Y. Yasui and I. Terasaki, “Optical Conductivity Measurement of a Dimer Mott-Insulator to Charge-Order Phase Transition in a Two-Dimensional Quarter-Filled Organic Salt Compound”, Phys. Rev. Lett. 111, [21780-1]-[21780-5] (2013).
  • Y. Ikemoto, M. Ishikawa, S. Nakashima, H. Okamura, Y. Haruyama, S. Matsui, T. Moriwaki, T. Kinoshita, “Development of scattering near-field optical microspectroscopy apparatus using an infrared synchrotron radiation source”, Opt. Commun. 285, 2212-2217 (2012).
  • Y. Ikemoto, T. Moriwaki, T. Kinoshita, M. Ishikawa, S. Nakashima, H. Okamura, “Near-Field Spectroscopy with Infrared Synchrotron Radiation Source”, e-J. Surf. Sci. Nanotech. 9, 63-66 (2011).
  • H. Okamura, I. Matsutori, A. Takigawa, K. Shoji, K. Miyata, M. Matsunami, H. Sugawara, H. Sato, C. Sekine, I. Shirotani, T. Moriwaki, Y. Ikemoto and T. Nanba, “Suppression of Meatl-Insulator Transition in PrRu4P12 under High Pressure Studied by Infrared Syectroscopy”, J. Phys. Soc. Jpn, 80, [SA092-1]- [SA092-3] (2011).
  • T. Moriwaki and Y. Ikemoto, “BL43IR at SPring-8 redirected”, Infrared Physics and Technology 51 400-403 (2008).
  • Y. Ikemoto, T. Moriwaki, H. Okamura, T. Sasaki, N. Yoneyama, A. Taguchi, Y. Inouye, S. Kawasta and T. Kinoshita, Broad band infrared near-field spectroscopy at finger print region using SPring-8”, Infrared Physics and Technology 51, 417-419 (2008).
  • Y. Ikemoto, T. Moriwaki, T. Nakano and Y. Nozue, “Far Infrared Microspectroscopy of Zeolite MOR Single Crystal”, Infrared Physics and Technology 4978-81 (2006).
  • Y. Ikemoto, T. Moriwaki, T. Hirono, S. Kimura, K. Shinoda, M. Matsunami, N. Nagai, T. Nanba, K. Kobayashi and H. Kimura, “Infrared Microspectroscopy Station at BL43IR of SPring-8”, Infrared Physics & Technology, 45 (2004) 369-373.

口頭発表

  • 池本夕佳、森脇太郎、木下豊彦、第63回高分子討論会、”高輝度赤外放射光を利用した高分子材料の分光研究”、2014年9月24-26日、長崎大学(長崎県長崎市)
  • Yuka Ikemoto, Hidekazu Okamura, Taro Moriwaki and Toyohiko Kinoshita, “Infrared near-field spectroscopy by synchrotron radiation source at SPring-8 BL43IR”, 7th International Workshop on Infrared Microscopy and Spectroscopy with Accelelator Based Source, 2013年11月10-14日、Lorne Victoria, Australia.
  • 池本夕佳、岡村英一、森脇太郎、木下豊彦、”赤外放射光を光源とした近接場分光装置”、日本物理学会2013年秋季大会、2013年9月25-28日、徳島大学(徳島県徳島市)
  • 池本夕佳、岡村英一、森脇太郎、木下豊彦、“ナノメートルオーダーの空間分解能を持つ赤外近接場分光装置の開発”、放射光学会、2013年1月12-14日、名古屋大学(愛知県名古屋市)
  • 池本夕佳、岡村英一、森脇太郎、木下豊彦、“赤外放射光を光源とした近接場分光装置”、日本物理学会、2012年9月18-21日、横浜国立大学(神奈川県横浜市)
  • 池本夕佳、“赤外放射光の特徴と利用研究”、日本赤外線学会研究会見学会、2012年8月24日、SPring-8(兵庫県佐用郡)
  • Yuka Ikemoto, Michio Ishikawa, Satoru Nakashima, Hidekazu Okamura, Taro Moriwaki and Toyohiko Kinoshita, “Scattering–type near-field optical microscopy by infrared synchrotron radiation source”, 6th International Workshop on Infrared Microscopy and Spectroscopy with Accelelator Based Source, 2011年9月4-8日、Trieste, Italia.

競争的資金

  • 科学研究費補助金(基盤研究C)、代表者 期間:平成27〜29年度 題名:赤外放射光利用に最適化したMCT検出器と有機薄膜解析
  • 科学研究費補助金(基盤研究C)、代表者 期間:平成24〜26年度 題名:nm空間分解能でのフォノン解析を可能にする広帯域赤外近接場分光装置の開発
  • 公益財団法人 日本板硝子材料工学助成会 平成24年度(第34回)研究助成事、代表者 期間:平成24年度 題名:赤外ナノ近接場分光によるセラミックスデバイスの局所フォノン評価法の開発
  • 科学研究費補助金(基盤研究C)、代表者 期間:平成20〜22年度 題名:ゼオライト単一粉末結晶の赤外スペクトル解析の為の赤外近接場分光装置の開発
  • 高輝度光科学研究センター(JASRI/SPring-8) GIGNO課題 期間:平成20年度 題名:赤外放射光を用いた近接場分光装置の開発
  • 科学研究費補助金(若手研究B)、代表者 期間:平成15〜17年度 題名:ゼオライト中のアルカリ金属クラスターの電子構造に関する軟X線分光による研究

ページのトップへ戻る