新田 清文(Kiyofumi Nitta)

プロフィール
分光物性Iグループ・XAFS・分析チーム

研究員

メール: nittak@spring8.or.jp


 X線吸収微細構造(XAFS)法による機能性材料の電子状態・局所構造解析を目的とした研究・開発を行っています。顕微分光・蛍光分析ビームラインBL37XUの担当をしており、より高速・高効率な顕微XRF/XAFS分析システムの研究・開発によりサブμmオーダーの空間分解能を持つシステムの構築を目指して、利用者実験のサポートや共同研究を行っています。最近は高輝度・高コヒーレントな光源特性を生かしたレンズレスな顕微法であるコヒーレント回折イメージング法を応用した、コヒーレント回折XAFS法という手法の構築に関する高度化を推進し、メゾスケール粒子のサブ10nm空間分解能での分析に関する共同研究を行っています。


併任先

  • 未踏領域グループ 次期計画ワーキンググループ

キーワード

  • XAFS
研究成果

研究論文

  • “Extended X-ray Absorption Fine Sturcture Thermal Factor Analysis of Rattling in Filled Skutterudites RT4Sb12 (R: La, Ce, Pr, Nd, and Sm; T: Fe, Ru, and Os)”, K. Nitta, Y. Omori, T. Miyanaga, K. Takegahara, H. Sugawara, D. Kikuchi, and H.Sato, , J. Phys. Soc. Jpn., 82, 044801 (2013).
  • “EXAFS Study of filled skutterudites RT4Sb12(R:La, Ce, Pr, Nd, Sm, T:Fe, Ru, Os)”, K . Nitta, Y. Omori, T. Miyanaga, K. Takegahara, H. Sugawara, D.Kikuchi and H.Sato, Journal of Physics: Conference Series, 190, 012098 (2009).
  • “Local Static Distortion of Rare Earth Ions in ROs4Sb12 (R = La, Ce, Pr, Nd, Sm) by Extended X-ray Absorption Fine Structure”,K.Nitta, Y.Omori, D.Kikuchi, T.Miyanaga, K.Takegahara, H.Sugawara and H.Sato, J. Phys. Soc. Jpn., 77, 063601 (2008).
  • Real space approach to thermal factor in EXAFS for asymmetric double-well potential, K.Nitta, T.Miyanaga, T.Fujikawa, Physica Scripta, T115, 185-187 (2005).
  • K. Nitta, T. Miyanaga and T. Fujikawa, Quantum Statistical Approach to Debye-Waller Factor in EXAFS, EELS and ARXPS VII. Path-Integral Approach to Asymmetric Double-well Potential, J. Phys. Soc. Jpn, 75, 054603 (2006).

口頭発表

  • 「サブ10nm顕微イメージングXAFS法の開発」 第18回XAFS討論会, 新田清文,宇留賀朋哉、関澤央輝、鈴木基寛、河村直己、水牧仁一朗,石黒志,唯美津木, つくば(2015)
  • 「SPring-8におけるXAFS計測技術―基本から先端応用までー」 第93回日本化学会年会,新田清文、宇留賀朋哉, 草津(2013)
  • 「XAFSによるPr-Ca-Co-O系の局所構造解析」 第15回XAFS討論会, 新田清文, 藤代博之, 内藤智之, 小川悟, Jiri Hejtmanek, 鳥取(2012)

ビームライン高度化

  • 「顕微ナノイメージング分光法の開発」(H27~)

ページのトップへ戻る