小谷 佳範(Yoshinori Kotani)

プロフィール
分光物性Ⅱグループ・軟X線・赤外チーム

研究員(技術担当)

メール: ykotani@spring8.or.jp


軟X線ビームラインであるBL25SUの担当者として利用実験のサポートと共同研究・開発を行っております。特に、磁性体の研究に欠かせない軟X線磁気円二色性(MCD)実験装置の改良、計測システムの構築など技術面に力を入れて活動しています。近年では強磁場走査型軟X線顕微鏡の開発を積極的に進め、磁性体の局所計測や顕微分光を目指した要素技術開発を行っています。また、元素戦略プロジェクト(磁性材料研究拠点)に参加し永久磁石試料の元素選択的イメージング、およびMCDイメージングに取り組んでいます。


外部機関所属先

  • 元素戦略磁性材料研究 研究員

キーワード

  • 軟X線イメージング
  • 顕微分光
  • 計測技術
研究成果

研究論文

  • " Ultrahigh-spatial-resolution chemical and magnetic imaging by laser-based photoemission electron microscopy", T Taniuchi, Y. Kotani, and S. Shin, Rev. Sci. Instrum. 86, 023701 (2015)
  • "Magnetoelectric switching of perpendicular exchange bias in Pt/Co/α-Cr2O3/Pt stacked films", K. Toyoki, Y. Shiratsuchi, A. Kobane, C. Mitsumata, Y. Kotani, T. Nakamura, and R. Nakatani, Appl. Phys. Lett. 106, 162404 (2015).
  • "Temperature dependence of post-sintered annealing on magnetic properties of intergranular phase in Nd-Fe-B permanent magnet", A. Yasui, T. Nakamura, Y. Kotani, T. Fukagawa, T. Nishiuchi, and S. Hirosawa, J. Appl. Phys. 117, 17B313 (2015).
  • "Direct observation of ferromagnetism in grain boundary phase of Nd-Fe-B sintered magnet using soft x-ray magnetic circular dichroism", T. Nakamura, A. Yasui, Y. Kotani, T. Fukagawa, T. Nishiuchi, H. Iwai, T. Akiya, T. Ohkubo, Y. Gohda, K. Hono, and S. Hirosawa, Appl. Phys. Lett. 105, 202404 (2014).
  • "Octet-Line Node Structure of Superconducting Order Parameter in KFe2As2", K. Okazaki, Y. Ota, Y. Kotani, W. Malaeb, Y. Ishida, T. Shimojima, T. Kiss, S. Watanabe, C.T. Chen, K. Kihou, C.H. Lee, A. Iyo, H. Eisaki, T. Saito, H. Fukazawa, Y. Kohori, K. Hashimoto, T. Shibauchi, Y. Matsuda, H. Ikeda, H. Miyahara, R. Arita, A. Chainani, S. Shin, Science 337, 6100 (2012).

ビームライン高度化

  • 元素戦略に基づく材料開発のための軟X線ナノビームラインBL25SU基盤整備 SPring-8利用者情報誌, Vol.19, No.2, p.102-105 (2014).
  • BL25SU(軟X線固体分光ビームライン)の現状(2014), SPring-8/SACLA利用研究成果集

ページのトップへ戻る