加部 泰三 (Taizo Kabe)

プロフィール
構造物性Iグループ・動的構造チーム

研究員

メール:kabe@spring8.or.jp


結晶性高分子材料の加工法、物性、および高次構造の相関解明を解明し、画期的な機能および物性を有する高分子材料を生みだすことを目的に研究を行っています。高分子材料は加工法によって、構造や物性が大きく変化します。このため、加工工程を模擬した環境での実験は非常に重要だといえます。これらを達成するために試料周りの機器などの整備に力を入れています。材料としては、特にバオマスを由来とするバイオマスプラスチックの延伸や繊維化といった加工、およびこれらの構造の分析には造詣が深いです。フロンティアソフトマター専用ビームライン(FSBL:BL03XU)や理研構造生物学ビームライン(BL45XU)を拠点に実験を行っています。また、最近では、斜入射広角X線回折測定や斜入射小角X線散乱測定を用いた、高分子材料の表面構造と機能性の相関解明にも力を入れています。

外部機関所属先

  • 東京大学 大学院農学生命科学研究科 農学研究員
  • 理化学研究所 放射光科学総合研究センター 客員研究員

キーワード

  • 生分解性ポリマー
  • バイオマスポリマー
  • 高次構造解析
  • リアルタイム観察
研究・開発成果

研究論文(筆頭)

  • Taizo Kabe, Ken'ichiro Matsumoto, Satsuki Terai, Takaaki Hikima, Masaki Takata, Masahiro Miyake, Seiichi Taguchi and Tadahisa Iwata, "Co-crystallization phenomena in biosynthesized isotactic poly [(R)-lactate-co-(R)-2-hydroxybutyrate] s with various lactate unit ratios", Polymer Degradation and Stability, 132, 137-144 (2016).
  • Taizo Kabe, Toshihisa Tanaka, Hironori Marubayashi, Takaaki Hikima, Masaki Takata and Tadahisa Iwata, "Investigating thermal properties of and melting-induced structural changes in cold-drawn P (3HB) films with α-and β-structures using real-time X-ray measurements and high-speed DSC", Polymer, 93, 14, 181-188 (2016).
  • Taizo Kabe, Chizuru Hongo, Toshihisa Tanaka, Takaaki Hikima, Masaki Takata and Tadahisa Iwata, "High tensile strength fiber of poly[(R)-3-hydroxybutyrate-co-(R)-3-hydroxyhexanoate] processed by two-step drawing with intermediate annealing", Journal of Applied Polymer Science, 132, 41258-41265 (2015).
  • Taizo Kabe, Tomoko Sato, Ken-ichi Kasuya, Takaaki Hikima, Masaki Takata and Tadahisa Iwata, "Transition of spherulite morphology in a crystalline/crystalline binary blend of biodegradable microbial polyesters", Polymer, 55, 271-277(2014).
  • Taizo Kabe, Takeharu Tsuge, Takaaki Hikima, Masaki Takata, Akio Takemura and Tadahisa Iwata, "Processing, mechanical properties and structure analysis of melt-spun fibers of P(3HB)/UHMW-P(3HB) identical blend", ACS symposium series on Biobased Monomers, Polymers and Materials. Chapter 5, 63-75 (2012).
  • Taizo Kabe, Takeharu Tsuge, Ken-ichi Kasuya, Akio Takemura, Takaaki Hikima, Masaki Takata, and Tadahisa Iwata, "Physical and structural effects of adding Ultra-High-Molecular-Weight Poly[(R)-3-hydroxybutyrate] to Wild-type Poly[(R)-3-hydroxybutyrate]", Macromolecules, 45, 1858-1865 (2012).
  • 加部泰三、田中稔久、粕谷健一、伊藤和輝、高田昌樹、竹村彰夫、岩田忠久、 「ポリ[(R)-3-ヒドロキシブチレート-co-(R)-3-ヒドロキシヘキサノエート]のゲルフィルム作製,高次構造解析および酵素分解性」繊維学会誌、66, 253-260 (2010). [繊維学会論文賞受賞]

研究論文(共著)

  • Ayaka Hiroe, Naoki Ishii, Daisuke Ishii, Taizo Kabe, Hideki Abe, Tadahisa Iwata, Takeharu Tsuge, "Uniformity of Monomer Composition and Material Properties of Medium-Chain-Length Polyhydroxyalkanoates Biosynthesized from Pure and Crude Fatty Acids", ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 4, 6905-6911(2016).
  • Sakarin Puanglek, Satoshi Kimura, Yukiko Enomoto-Rogers, Taizo Kabe, Makoto Yoshida, Masahisa Wada, Tadahisa Iwata, “In vitro synthesis of linear α-1, 3-glucan and chemical modification to ester derivatives exhibiting outstanding thermal properties", Scientific Reports, 6, 30479 (2016).
  • Ken'ichiro Matsumoto, Satsuki Terai, Ayako Ishiyama, Jian Sun, Taizo Kabe, Yuyang Song, John Nduko, Tadahisa Iwata and Seiichi Taguchi, “One-pot microbial production, mechanical properties and enzymatic degradation of isotactic P[(R)-2-hydroxybutyrate] and its copolymer with (R)-lactate”, Biomacromolecules, 14, 1913-1918(2013).
  •     

総説・総合論文

  • 加部泰三, 岩田忠久, 微生物産性ポリエステルの物性と分子鎖構造および高次構造の相関解明, 高分子論文集, 71, 527-539 (2014).
  • 加部泰三, 岩田忠久, 微生物産生ポリエステルの高機能化, プラスチックスエージ, 58,78-83 (2012).

受賞歴

  • 繊維学会年次大会若手優秀発表賞受賞者、平成28年度繊維学会年次大会、東京、2016年6月「超高分子量ポリ[(R)-3-ヒドロキシブチレート-co-(R)-3- ヒドロキシヘキサノエート]を用いた高強度フィルムの作製」
  • 13-3エコマテリアル研究会ポスター賞、13-3エコマテリアル研究会、東京、2014年2月「多糖誘導体であるカードランプロピオネートの溶融紡糸法による繊維化および物性」
  • 平成22年度繊維学会論文賞、平成23年度繊維学会年次大会、東京、2011年6月「ポリ[(R)-3-ヒドロキシブチレート-co-(R)-3-ヒドロキシヘキサノエート]のゲルフィルム作製,高次構造解析および酵素分解性」
  • 第7回 研究成果発表講演会優秀賞、第7回 研究成果発表講演会(八王子産学公連携機構主催)、東京、2007年12月「微生物産生脂肪族ポリエステルのゲルフィルム作製と破壊挙動の把握」
ページのトップへ戻る