関口 博史(Hiroshi Sekiguchi)

プロフィール
バイオソフトマテリアルグループ・非結晶回折散乱チーム

主幹研究員

メール:sekiguchi@spring8.or.jp


タンパク質分子の機能発現メカニズムの解明にせまる研究・開発を行う。主に、BL40B2とBL40XUを拠点として研究活動を行い、X線小角散乱法およびX線1分子追跡法についての高精度データ測定取得に向けたビームライン高度化、利用者実験のサポートや共同研究に従事する。

併任先

  • 未踏領域グループ 次期計画ワーキンググループ

外部機関所属先

  • 公益財団法人 新世代研究所 バイオ単分子研究会 委員
  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科非常勤講師

キーワード

  • X線小角散乱
  • X線1分子計測
研究・開発成果

研究論文

  • Y. Y. Yamamoto, K. Tsuchida, K. Noguchi, N. Ogawa, H. Sekiguchi, Y. C. Sasaki, M. Yohda, “Characterization of group II chaperonins from an acidothermophilic archaeon Picrophilus torridus”, FEBS Open Bio 6:751 (2016)
  • Y. Sato, Y. Tanaka, S. Inaba, H. Sekiguchi, T. Maruno, Y. C. Sasaki, H. Fukada, Y. Kobayashi, T. Azuma, M. Oda, “Structural dynamics of a single-chain Fv antibody against (4-hydroxy-3-nitrophenyl)acetyl”, International Journal of Biological Macromolecules, 91:151-157 (2016)
  • Y. Matsushita, H. Sekiguchi, N. Ohta, K. Ichiyanagi, K. Ikezaki, Y. Goto, and Y. C. Sasaki, “Time-resolved X-ray Tracking of Expansion and Compression Dynamics in Supersaturating Ion-Networks”, Scientific Reports 5:17647 (2015)
  • H. Kozono, Y. Matsushita, N. Ogawa, Y. Kozono, T. Miyabe, H. Sekiguchi, K. Ichiyanagi, N. Okimoto, M. Taiji, O. Kanagawa, and Y. C. Sasaki “Single Molecular Motions of MHC Class II Rely on Bound Peptides”, Biophysical Journal, 108:350-359 (2015).
  • K. Ichiyanagi, H. Sekiguchi, T. Sato, S. Nozawa, A. Tomita, M. Hoshino, S. Adachi and Y. C. Sasaki, “Cooling dynamics of self-assembled monolayer coating for integrated gold nanocrystals on a glass substrate”, Journal of Synchrotron Radiation, 22:29-33 (2015).
  • H. Sekiguchi, Y. Suzuki, Y. Nishino, S. Kobayashi, Y. Shimoyama, W. Cai, K. Nagata, M. Okada, K. Ichiyanagi, N. Ohta, N. Yagi, A. Miyazawa, T. Kubo, Y. C. Sasaki, “Real Time Ligand-Induced Motion Mappings of AChBP and nAChR Using X-ray Single Molecule Tracking”, Scientific Reports 4:6384 (2014).
  • Y. Y. Yamamoto, Y. Abe, K. Moriya, M. Arita, K. Noguchi, N. Ishii, H. Sekiguchi, Y. C. Sasaki, M. Yohda, “Inter-ring communication is dispensable in the reaction cycle of group II chaperonins”, Journal of Molecular Biology 426:2667-2678 (2014).
  • N. Ohta, H. Sekiguchi, Y. C. Sasaki, and N. Yagi, “Absolute scale calibration with use of excess scattering length for small-angle X-ray scattering”, Journal of Applied Crystallography, 47:654-658 (2014).
  • K. Ichiyanagi, H. Sekiguchi, M. Hoshino, K. Kajiwara, K. Hoshisashi, C. Jae-won, M. Tokue, Y. Matsushita, M. Nishijima, Y. Inoue, Y. Senba, H. Ohashi, N. Ohta, N. Yagi and Y. C. Sasaki, “Diffracted X-ray Tracking (DXT) for Monitoring Intramolecular Motion in Individual Protein Molecules using Broad Band X-ray”, Review of Scientific Instruments, 84:103701 (2013).
  • N. Ogawa, K. Hoshisashi, H. Sekiguchi, K. Ichiyanagi, Y. Matsushita, Y. Hirohata, S. Suzuki, A. Ishikawa and Y. C. Sasaki, “Tracking 3D Picometer-Scale Motions of Single Nanoparticles with High-Energy Electron Probes”, Scientific Reports 3:2201 (2013).
  • H. Sekiguchi, A. Nakagawa, K. Moriya, K. Makabe, K. Ichiyanagi, S. Nozawa, T. Sato, S. Adachi, K. Kuwajima, M. Yohda and Y. C. Sasaki, “ATP dependent rotational motion of group II chaperonin observed by X-ray single molecule tracking”, PLoS ONE 8:e64176 (2013).

口頭発表

  • 関口博史, 「放射光X線と結晶プローブを用いた水溶液中・局所ダイナミクス計測」、公益財団法人 新世代研究所 水和ナノ構造・バイオ単分子合同研究会(2017年3月27日, ソラシティ RoomD, 東京都)
  • 関口博史、「X線1分子追跡法による多量体タンパク質の機能的分子内運動・1分子解析」、分子観察による生命の階層横断的な理解 (2017年3月21-22日、分子科学研究所研究棟)
  • Hiroshi Sekiguchi, Active 3D Motion Visualization of Multimeric Proteins by X-ray Single Molecule Tracking, 第54回生物物理学会年会シンポジウム「時空間精密構造解析による生体分子活性サイトの機能解明」, (2016年11月25日, つくば国際会議場)
  • H. Sekiguchi, Yohei Y. Yamamoto, Masafumi Yohda, Yuji C. Sasaki, “Cooperative Motion Analysis of group II chaperonins at single molecule level using nanocrystal and time-resolved diffraction measurements”, 30th European Crystallographic Meeting (August 28- September 1, 2016, Basel Convention Center, Basel, Switzerland)
  • H. Sekiguchi, Intra-molecule Motion Analysis of Functional Proteins at Single Molecule Level Using Synchrotron X-ray, European XFEL Seminar , (2016年8月26日, Main Building (XHQ) Room 1.173, European XFEL, Hamburg, Germany)
  • H. Sekiguchi, Y. Matsushita, Y. Nishino, K. Ikezaki, A. Miyazawa, N. Yagi, C. Huron, J-P Changeux, P-J Corringer, and Y. C. Sasaki, “Single Molecule Motion Map of GLIC by diffracted X-ray Tracking” , 59th Annual Meeting of Biophysical Society (February 7-11, 2015, Baltimore Convention Center, Maryland, USA)
  • 関口博史、「1分子内ダイナミクス計測で捉えるアセチルコリン受容体・機能運動」、第14回日本蛋白質科学会年会若手奨励賞シンポジウム(2014年6月26日、ワークピア横浜)
  • H. Sekiguchi, M. Tokue, Y. Nishino, K. Ichiyanagi, N. Yagi, A. Miyazawa, T. Kubo, Y. C. Sasaki, “Single Molecule Motion Maps of Open and Desensitization States of Nicotinic Acetylcholine Receptors” 58th Annual Meeting of Biophysical Society (February 15-19, 2014, Moscone Center, San Francisco, USA)
  • 関口博史, 星指健太郎, 竹内 晃久, 鈴木 芳生, 佐々木裕次、「AFM探針を用いたX線エバネッセント波顕微鏡の開発」、Ⅹ線ナノ集光技術研究会2013 (2013年11月17日、大阪大学中之島センター)
  • 関口博史、「高速X線1分子追跡法による複合体タンパク質・ダイナミクス計測」、京都府立大学生命物理化学セミナー「蛋白質の動的挙動解明に向けた革新的分析手法」 (2012年11月3日、キャンパスプラザ京都第一会議室、京都府)
  • 関口博史、「シャペロニンタンパク質の1分子ダイナミクス機能計測」、東大新領域・KEK連携教育シンポジウム(2012年9月11日、高エネルギー加速器研究機構小林ホール)
  • 関口博史,「グループII 型シャペロニンの1 分子内ダイナミクス計測」,第12回日本蛋白質科学会年会 “ここまでわかったシャペロニン:作動機構と細胞内での役割” (2012年6月20日,名古屋国際会議場)
  • 関口博史, 「二つの回転軸から眺めるタンパク質の機能的1分子内運動」、財団法人 新世代研究所 バイオ単分子研究会(2012年2月17日, 鴨川館/千葉県)
  • 関口博史,「X 線1分子追跡法で迫るタンパク質分子の機能発現機構」,第5回 学融合ビジュアライゼーションシンポジウム (2011年6月24日,東京大学 柏キャンパス 柏図書館メディアホール)
  • 関口博史,「X線1分子追跡法から見えてきた膜たんぱく質分子内運動」、第30回表面科学学術講演会 表面科学シンポジウム 「表面場」における分子内運動計測の進展」 (2010年11月4日、大阪大学コンベンションセンター)
  • 関口博史,「X線1分子追跡法から見えてきた膜たんぱく質分子内運動」,学融合ビジュアライゼーションシンポジウム (2010年5月17日,東京大学 武田ホール)

受賞歴

  • International Workshop on 3D atomic imaging at nano-scale active sites 2012 Best Poster Awards 「Cooperativity analysis of multi-subunit proteins by 3D X-ray single molecule tracking」(2012年8月)
  • 平成19年度 日本表面科学会 奨励賞 「AFM analysis of interaction forces between bio-molecules using ligand-functionalized polymers」(2007年11月)
  • 平成17年度 日本表面科学会講演奨励賞「リガンド修飾・高分子を用いたAFMによる生体分子間相互作用力測定法」(2006年5月)
ページのトップへ戻る