小林 慎太郎 (Shintaro Kobayashi)

プロフィール
分光解析Ⅱグループ

博士研究員

メール: kobayashi.shintaro@spring8.or.jp


元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型・磁石材料拠点>の下、既存の希土類永久磁石の特性の飛躍的改良・新規磁性材料の実現に必要な放射光X線回折を中心とした解析を推進しています。希土類永久磁石材料の特性(保磁力・キュリー温度)には、主相だけでなく副相も大きな影響を与えており、使用環境におけるこれらの構成相の結晶構造や体積分率の理解は最も基本的であり欠かせない情報となります。さらに、磁石の合成・熱処理条件下での相決定・相変化の解明は、材料開発の指針決定をする上で重要となります。このような材料開発・特性解明に向け、必要不可欠な情報を得るためのX線回折実験を行い、さらに測定技術・解析手法の開発を推進しています。


キーワード

  • 磁性材料解析
  • X線構造解析
  • 磁気物性
研究成果

研究論文

  • S. Kobayashi, H. Ueda, C. Michioka, K. Yoshimura, S. Nakamura, T. Katsufuji, and H. Sawa "Anomalous double-stripe charge ordering in β-NaFe2O3 with double triangular layers consisting of almost perfect regular Fe4 tetrahedra", Phys. Rev. Materials 2, 054402 (2018)
  • S. Kobayashi, H. Ueda, C. Michioka, and K. Yoshimura "Competition between the Direct Exchange Interaction and Superexchange Interaction in Layered Compounds LiCrSe2, LiCrTe2, and NaCrTe2 with a Triangular Lattice", Inorg. Chem. 55, 7407-7413 (2016)
  • S. Kobayashi, H. Ueda, C. Michioka, and K. Yoshimura "Control of the valence instability of tetravalent chromium in 1T-CrSe2 by anion substitution and pressure", J. Phys. Soc. Jpn. 84, 064708 (2015)
  • S. Kobayashi, H. Ueda, D. Nishio-Hamane, C. Michioka, and K. Yoshimura "Successive phase transitions driven by orbital ordering and electron transfer in quasi-two-dimensional CrSe2 with a triangular lattice" by anion substitution and pressure", Phys. Rev. B 89, 054413 (2014)

口頭発表

  • 小林慎太郎、片山尚幸、澤博、道岡千城、植田浩明、吉村一良、「放射光X線でみたd2 電子系1T-CrSe2における二段階の分子軌道形成」、第3回固体化学フォーラム研究会 S6, 京都大学化学研究所 2018年6月
  • S. Kobayashi, H. Ueda, C. Michioka, K. Yoshimura, H. Sawa, "Charge frustration in the mixed-valent iron oxide β-NaFe2O3 with a double triangular layer consisting of Fe4 tetrahedra", APS March Meeting 2018, H45.00007, Los Angeles, California, 2018
  • 小林慎太郎、澤博、道岡千城、植田浩明、吉村一良、「三角格子をもつ混合原子価鉄酸化物β-NaFe2O3の電荷・磁気秩序」、日本物理学会第72回年次大会, 19pL22-12, 大阪大学, 2017年3月
  • 小林慎太郎、植田浩明、道岡千城、吉村一良、「三角格子反強磁性体ACrX2(A=Li, Na, X=Se, Te)の構造と磁性」、日本物理学会第71回年次大会, 19aBN-2, 東北学院大学, 2016年3月

ページのトップへ戻る