SPring-8放射光施設の共用ビームライン(21ビームライン、および約50台の測定ステーション)の維持・管理は、公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)の利用研究促進部門によって行われています。また、各ビームラインにおける利用研究を推進し、ユーザー利用実験の支援が行われています。放射光利用の研究分野は、生命科学、物質科学、環境科学、さらに、電子、化学、材料工学や医学・生命科学など広範囲に及んでおり、本部門によりそれぞれの研究目的に最適な計測システムが開発され、先端研究応用に提供されています。

Research Highlights

2017-05-31更新
2017-04-28更新
2017-04-21更新
2017-04-13更新
2017-03-29更新
2017-03-22更新
2017-03-21更新
2017-02-21更新
2017-02-16更新
2017-02-08更新
2017-01-05更新
2016-12-23更新
2016-12-22更新
2016-12-12更新
2016-12-05更新
2016-11-29更新
2016-11-26更新
2016-11-22更新
2016-11-15更新
2016-11-04更新
2016-11-01更新
2016-10-18更新
2016-9-19更新
2016-6-3更新
2016-5-25更新
2016-5-13更新
2016-5-9更新
2016-3-24更新
2016-3-8更新
2016-3-7更新
2016-2-27更新
2016-2-19更新
2016-2-19更新
2016-2-17更新
2016-1-29更新
2016-1-18更新
2016-1-13更新
2015-12-14更新
2015-12-1更新
2015-11-19更新
2015-11-12更新
2015-11-10更新
2015-10-23更新
2015-10-9更新
2015-10-3更新
2015-9-15更新
2015-8-27更新
2015-7-1更新
2015-6-4更新
2015-5-11更新
2015-4-20更新
ページのトップへ戻る