回折・散乱Ⅱグループ

グループ概要
回折・散乱Ⅱグループリーダー

木村 滋

回折・散乱Ⅱグループは、SPring-8の特徴である高輝度X線や高エネルギーX線を用いて,強い回折が得られない表面やナノ構造等の低次元構造や非晶質などの非周期構造の研究を推進する低次元・非周期構造チームと非弾性散乱により物質中の原子や電子のダイナミクスに関する研究を推進する量子状態解析チームで構成されています。

グループ構成チーム

低次元・非周期構造チーム
非晶質や表面・界面などのナノ構造体における物性起源の解明の構造物性研究を行っています。
量子状態解析チーム
SPring-8の特徴の一つである高輝度高エネルギーX線を用いた物質中の原子や電子のダイナミクスに関する研究を進めています。

メンバー

  • 主席研究員 木村 滋(グループリーダー)
  • 研究員 内山 裕士
  • 博士研究員 L. S. Rosantha Kumara

低次元・非周期構造チーム
  • 主幹研究員 今井 康彦(チームリーダー)
  • 主幹研究員(技術担当) 梶原 堅太郎
  • 主幹研究員 尾原 幸治
  • 研究員 田尻 寛男
  • 研究員 隅谷 和嗣
  • 技術員 Bagautdinov Bagautdin

量子状態解析チーム
  • 主幹研究員 筒井 智嗣(チームリーダー)
  • 主幹研究員 依田 芳卓
  • 研究員 石川 大介
  • 研究員(技術担当) 辻 成希
ページのトップへ戻る