イメージンググループ

グループ概要
イメージンググループリーダー

上杉 健太朗

イメージンググループでは、SPring-8において実施されるX線顕微鏡実験の支援を行っています。実験の際にビームラインにおいて技術的支援を行うだけでなく、これらの分野においてより先進的な実験が行われ、より良い研究成果が得られるように、実験手法や実験技術の開発とそれらを利用した実証実験を行っています。特にSPring-8の特長である高輝度・高エネルギーX線を利用して、空間・濃度分解能の向上や100keV超の高エネルギーの利用に関して、基礎研究から取り組んでいます。そのほか、これらの実験における利用者からの相談にも対応しています。このグループはまた、試薬や実験動物の管理と併せ、化学試料準備室、生物試料準備室および実験動物維持施設の維持管理も一部担っています。

グループ構成チーム

X線顕微鏡チーム
X線顕微鏡チームはBL20XU, BL20B2, BL28B2, BL47XUの4本のビームラインの維持管理とユーザー支援業務を行うかたわら、X線顕微鏡等の高分解能X線画像計測技術開発を行っています。
放射光位相画像計測チーム
放射光位相画像計測チームは、「ERATO:百生量子ビーム位相イメージング」を中核に、位相イメージング分野の利用研究の開拓および新しい実験手法の開発・高度化を行うことを目指して活動を開始しています。

メンバー

  • 主席研究員 上杉 健太朗(グループリーダー)

X線顕微鏡チーム
  • 主席研究員 上杉 健太朗(チームリーダー)
  • 主幹研究員 寺田 靖子
  • 主幹研究員 竹内 晃久
  • 主幹研究員 上椙 真之
  • 主幹研究員 星野 真人
  • 研究員 長谷 栄治
  • 特別嘱託職員 梅谷 啓二
放射光位相画像計測チーム
  • 客員主席研究員 百生 敦(チームリーダー)
  • 主幹研究員 星野 真人
  • 研究員 Karol Vegso
ページのトップへ戻る