分光解析Ⅱグループ

グループ概要
分光解析Ⅱグループリーダー

中村 哲也

分光解析IIグループは、軟X線と硬X線を含む幅広い波長領域の分光研究と、その研究に必要な計測・解析技術の開発を専門とする研究員で構成されています。分光によって得る物質情報は、元素濃度、化学状態、電子状態、磁気状態など多岐にわたります。特に近年は、SPring-8の放射光の特徴を活かす「顕微分光」の開発とその利用研究を推進しています。顕微分光で達成される空間分解能は、波長、計測手法、測定条件等によって異なりますが、現状でおよそ、φ20 nm~φ100 μmの範囲です。たとえば、材料における複数物質の分布や、その結果もたらされる局所物性の不均一分布が、どのように巨視的な材料機能に発展するのか?という材料科学の本質に迫るマルチスケール解析への取り組みもその一例です。また、希土類元素の価数揺動現象の解明など、基礎的な物性研究に関する放射光解析支援にも力を入れています。当グループでは、最新または将来の研究に必要な計測技術の開発に取り組みつつ、BL25SUとBL39XUの全体、および、BL09XU、BL17SU、BL47XUの一部装置で利用支援を担当しています。主な実験手法は、光電子分光(軟X線、硬X線)、磁気円二色性分光(軟X線、硬X線)、X線発光分光、光電子顕微鏡などです。また、試料への外場(磁場、熱、電圧)や試料雰囲気(真空、大気圧、溶液中)など、多様な測定対象に対応するための技術開発や、ダイナミクスを解明するための時分割測定技術の開発にも幅広く取り組んでいます。

グループ構成チーム

ナノ分光チーム
ナノ分光チームは、一般的なX線磁気円二色性 (XMCD) 測定に加え、ナノ集光ビームを用いた顕微XAS/XMCDイメージング計測技術や、強磁場・低温・高圧といった複合環境下での計測や時分割計測の共同利用を展開しています。また、これと並行してより先端的な技術の開発を進めています。このうち、XMCD測定はBL25SUとBL39XUの2本のビームラインにおいて、それぞれ軟X線領域と硬X線領域の測定環境を提供しており、2本のビームラインの相乗利用が成果創出に貢献しています。
光電子分光チーム
BL47XU、BL09XUの硬X線光電子分光(HAXPES) 、BL17SUの光電子顕微鏡(PEEM)および BL25SUの軟X線光電子分光(SX-PES)を中心に、装置の高性能化あるいは新規装置の開発を行いつつ、それらを活用する研究分野の開拓を推進しています。

メンバー

  • 主席研究員 中村 哲也(グループリーダー)
  • 博士研究員 岡﨑 宏之
  • 博士研究員 豊木 研太郎
  • 博士研究員 David Billington
  • 博士研究員 石上 啓介

ナノ分光チーム
  • 主幹研究員 鈴木 基寛(チームリーダー)
  • 主幹研究員 河村 直己
  • 主幹研究員 水牧 仁一朗
  • 研究員 大沢 仁志
  • 研究員(技術担当) 小谷 佳範
  • 博士研究員 雀部 矩正
光電子分光チーム
  • 主幹研究員 室 隆桂之(チームリーダー)
  • 主幹研究員 大河内 拓雄
  • 主幹研究員 高木 康多
  • 研究員 保井 晃
ページのトップへ戻る